シロアリはアリじゃない?見分け方は?違いは?

シロアリはアリじゃない?見分け方は?違いは?

 

シロアリと、一般的に言う「アリ」は、呼び名には同じアリと付いても、実は生物学的には別の種目なのです。

 

アリはハチなどと同じ分類の昆虫で、大きな特徴としては、硬い外殻やくびれた体型などがあります。

 

一方のシロアリは、ご先祖様は、実はゴキブリと同じで、1億年ほど前から地球上に存在しています。

現在はゴキブリとは似ても似つかない生態です。

ゴキブリは生命力が強く、しぶとく、1匹でも行動します。

しかしシロアリは実は非常にデリケートでか弱い生き物です。

どのようにか弱いかと言いますと、まず外気に晒されては生きていけません。

例えば道ばたに、シロアリを1匹放置しておくと、長くても数時間で死んでしまいます。

そんな状態ですので、普段は土の中で生活しており、エサを求めたり、巣を拡大する目的で私たちのお家に侵入してきます。

それでも外気に晒されるのを嫌いますから、地上に出る場合は「蟻道 ぎどう」という土の粒を積み上げてトンネルを構築して、その中を通り、外気に触れないようにしています。