白蟻と黒蟻の違いは何?と言いますか、全く別の生き物です。

 

白蟻と黒蟻の違いは何?と言いますか、全く別の生き物です。

 

18757416 - コピー

 よく 白蟻と黒蟻はいったい何が違うの? という質問や疑問を見かけるが、実は全く別の生き物である。

生物学上の簡単な分類で説明すると、昆虫網という上位の分類があり、その下層に有翅亜網という分類があり、その対義語は無羽亜網といい、要は羽があるか無いかの違いである。

18757416

そしてその下層において、一般的な白蟻が属する等翅目(シロアリ目)は、ゴキブリ目、カマキリ目と同じグループである。

黒蟻や蜂が属するのは膜翅目(まくしもく)というまた別のグループで、ハエや蚊は双翅目(そうしもく)、バッタは直翅目、チョウなどは鱗翅目、トンボは蜻蛉目といった具合にみんなそれぞれ別々のグループなのだ。

 

分類名 属する昆虫例

等翅目(シロアリ目)

ゴキブリ目

カマキリ目

白蟻

ゴキブリ

カマキリ

膜翅目 黒蟻、蜂
双翅目 ハエ、蚊
直翅目 バッタ
鱗翅目 チョウ
蜻蛉目 トンボ

18757416

 

 

 

白蟻と黒蟻には具体的にどういった違いがあるのか?

 

まず白蟻の最も重要な特徴の一つに、外気に触れて生きることができないという点がある。

どういう事かというと、白蟻は生涯を幼虫のような状態で過ごす生き物で、他の生き物、例えば黒蟻のように硬い(=ごく一般的な)ボディは持ち合わせておらず、カラダの表面は幼虫のようにフニャフニャ(ブヨブヨ)で、文字通り白く、そこには硬さというものは一切ない。

よって、黒蟻や他の昆虫たちのように外の世界を優雅に飛び回ったり、単体で動き回ったりはできないのである。

18757416 - コピー

ではどのように生活しているのかというと、土の中にいたり、木に穴を開けてその中にいる分には外気に触れることは無いので問題ないが、建物の床下などに上がってきたような場合である。

この場合は皆さんご存知かもしれないが、蟻道(ぎどう)というものを形成して自分たちの身を覆っているのである。

蟻道とは、土の中で巣を作るにあたり掘った土を地上に運び出した際に積みあがっていった結果、今度はそこから基礎などに沿って上へ上へと延ばしてできたトンネルのようなものである。

当然これは巣の一部でもある。そして蟻道を形成する際には土の粒をつなげるためのつなぎ剤として、自分たちのフンを用いる。

白蟻はご存知のとおり木材を主食としており、その木材の中にはセルロースやリグニンといった成分が含有されているが、このリグニンという成分は白蟻は分解できずにそのまま便として排出される。

もともと木材を形成していた成分であるため、土の粒をつなぐ材料としては持ってこいなのである。

海外では、森などで白蟻が形成した、巨大な蟻塚(ありづか)と呼ばれる巣があるが、これらは硬いものになるとハンマーで叩いたくらいでは崩れないという特性を持っているほどだ。

床下の蟻道はこれほどではないにしても、ある程度硬い=密閉度も高いという点がお分かりいただけるだろう。

 

18757416

 

白蟻と黒蟻のカラダの構成の違いは?

 

当然のことながら、白蟻と黒蟻の違いは生態上のことだけではない。

カラダ(身体)の構造などの違いもたくさんあるので紹介したい。

 

・黒蟻(やハチなど)には腰のくびれがあるが、白蟻には無い。(白蟻は寸胴)

これは最も大きな違いであるが、白蟻は黒蟻やハチのような腰のくびれが無い。

その理由としては、シロアリのエサの摂取の仕方にあると言われており、シロアリは主に職蟻(働きアリ)が木材などのエサを摂取するが、摂取したものを排泄する際、その排泄物は他の兵蟻や生殖階級(ニンフ、王、女王、副王、副女王)のエサとなる。

そのためシロアリの排泄物(本人たちは排泄物という認識は恐らくないが)は、完全に消化はされておらず、下痢のような状態で、半分以上は原形が残っていると言われている。

よって半分は未消化のまま排泄されるため、黒蟻やハチのように腰がくびれていては消化物(排泄物)が詰まってしまうために、あのような寸胴の体型をしているとも言われている。

とにかく、腰はくびれていないというのは大きな違いである。

 

・羽蟻になった状態にも違いがある。

先述の昆虫の分類の表をご覧いただくと分かるが、シロアリ目(しろありもく)は、別名:等翅目(とうしもく)と言われている。

「翅」はハネという意味があり、通常、このあたりの昆虫の羽というと左右に大小2枚ずつが一般的であり、その多くは左右とも、上側の羽が大きく、下側の羽が小さいのが一般的だが、シロアリ目(等翅目)はその時のとおり、上下とも等しい大きさの羽をもっている。

 

以下が黒蟻の羽蟻である。腰のくびれや、羽の形状がお分かりいただけるだろう。

 

_E7BEBDE382A2E383AAE381AEE58CBAE588A5_NEW (1)

 

 

 

以下が白蟻の羽蟻である。黒蟻よろしく腰のくびれや、羽の形状がお分かりいただけるだろう。

 

_E7BEBDE382A2E383AAE381AEE58CBAE588A5_NEW

 

 

まだまだたくさんあるが、以上のようにさまざまな違いがあるので参考にしていただければ幸いである。

尚、白蟻に関して更に詳しく知りたい方は、以下のサイトをお勧めする。白蟻や建築関係の業者であるようだが、一般的な白蟻業者とは一線を画していると思われる。